マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】素晴らしい企業との出会い物語(3)

今回も物語編の続編である(1話はコチラ、2話はコチラ)。


ここから本編

これまで、戦略面と財務面からこの企業の経営上の課題に関する仮説を設定してきた。その過程で、筆者はもう一つ重要な要素を見つけ出していた。

それは

「当該企業の経営トップの実行力」

である。


インターネットを中心としたリサーチの範囲で推測されることは、この企業の社長はとにかく実行力がある人物であるということである。

製品に対してこだわりと妥協しない精神、そして絶対の自信を持っていることがうかがえる。製品品質を高めるためであれば、妥協せずに徹底して技術力と製品力を追求する。また、そのような絶対的な自信を持つ製品を世に広めるためであれば、必要な施策を徹底して実行する、そのような社長であった。実際に会ってみないとわからないが、少なくともかなりのリーダーシップを持った社長であると判断するには、十分すぎる材料があった【企業経営理論】。


さて、担当がこの引き合いを受けた際に、顧客企業の取締役からは「組織・人事面」のアプローチから経営コンサルティングをしてほしいとの要望だったと伝え聞いていた(ここには書かないが、メスを入れたい具体的な組織・人事面の施策まで指定されていた)。

戦略面、財務面からの分析、そして社長のパーソナリティから、この企業の取締役の抱いている課題認識がどのように組織・人事に影響しているかは明白であった。


ざっくりとした検討要素としては、以下の通りである。
※本当はもっと多くの検討要素があるのだが、ここではストーリーをわかりやすくするためにざっくり記載する

・かつては急成長していたが、ここ3年ほどは売上が伸び悩んでいる【企業経営理論、財務】
・ここ3年ほどで、ITを中心とした大きな技術変化があった【企業経営理論、経営情報】
・売上高販管費率が増加し、営業利益段階の収益性が思わしくない【財務】
・急成長に比例して、直営店舗の数と従業員数は増加している【企業経営理論】
・組織・人事面の問題点が顕在化している【企業経営理論】


あなたは、上記からどのような点が組織・人事面の課題となるか想像がつくであろうか?


そのヒントは

「組織のライフサイクルモデル」【企業経営理論】

である。


つづく


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR