マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

診断士合格を目指すあなたも経営資源のマネジメント主体(後編)

前回の記事では、「診断士試験合格に向けて経営資源をマネジメントする(前編)」として、経営資源をマネジメントする主体を企業ではなく診断士受験生に置き換えて議論を進めてきた。その最後に、筆者が宿題として読者に考えてきてほしいとお願いしたことは、以下の通りである。


もしあなたが

「俺(私)は受験機関に通学してるので、有料情報へのアクセスもあるし、自習室等の設備も活用できる。それだけでなく、毎日受験生ブログも見ているし、勉強会にだって参加している。ここまでやっているのだから、経営資源は十分に最大化できていると言えるだろう。つまり、今の状態を維持して勉強すれば、診断士試験に合格できるということだな」

などと考えているとしたら、考えが非常に甘いと言わざるを得ない。

あなたはこの疑問に対して真剣に考え、あなたなりの解を出せただろうか?今回は前回の記事の後編として、筆者なりの見解をお示ししようと思う。


経営資源をマネジメントする際に1点気を付けなければいけないことがある。それは、

「各経営資源は独立したものとして存在しているわけではなく、相互に依存関係がある」

ということである。


以下の図は、前回の記事でお示しした経営資源の図に対して、その資源間の依存関係を追記したものである。
経営資源の依存関係


この破線矢印の見方は、「矢印の起点により矢印の終点が形成される」、すなわち「矢印の終点は矢印の起点に依存している」ということを意味している。

ここでは、各経営資源間の細かい依存関係などははっきり言ってどうでもよい。あなたはここから”ある本質”を見出さねばならない。

この図から見える本質は


「”人”が必ず最初にきて、最後は必ず”情報”で終わる」


という普遍的な原理原則である。



筆者がこれから言わんとすることはもうお分かりだろう。つまり、

「どれほど優れた”モノ”を持っていようとも、どれほど多くの”カネ”を持っていようとも、どれほど優れた”情報”を持っていようとも、”ヒト”が優れていなければ経営資源の最大化は困難である」


ということである。

正に、平成28年度2次試験のA社が経営理念の一つとして掲げてきた「社員(=人)は宝」ということなのである。
※上記に関して筆者はサラッと書いているが、本ブログの読者であれば、このことが企業経営の根幹に関わる重要事項であることに気付いてほしい。どんな優れた機械設備を持っていようとも、潤沢なキャッシュを持っていようとも、企業がそれだけで市場競争を勝ち抜くことができない理由はこれで説明がつく。当然のことながら、診断士試験においても本件に関連した出題実績(特に2次試験事例Ⅰ)は多い。直接的に問うてしまったらどの受験生も解答できてしまうので、試験委員はそれと気づかれないように様々な工夫を凝らしているのである。



このような説明をすると、

「あ、そうですか。薄々気づいていましたけど、やっぱり診断士に受かるのに必要なのは結局センスなんですね。ということは、能力も知識もない私が診断士試験に合格することは無理ってことですよね?」

などどいう言葉が読者より聞こえてきそうである。



心配することなかれ。


4つの経営資源の内、”ヒト”の最大化は確かに時間がかかるものであることは事実である。しかし、”ヒト”が能力と知識を身につけることができないとは一言も言っていない。つまり、身につけるまでの時間の長短はあれど、当然あなたにも身につけられるものであるということである。そして、”ヒト”の最大化をに対して最もレバレッジ効果の大きい要素を、筆者は「思考力」だと考えている。「本ブログで発信している内容が少しでも読者の思考力を高め、読者の能力・知識にポジティブな効果をもたらせたら」ということが筆者の強い思いである。次回の記事からは、この思考力のテーマに少しずつ迫っていこうと思う。
※レバレッジ効果とは「テコの原理」のことであり、「小さい力で大きな効果をもたらす」ものである。これは「時間的制約を飛び越えること」と同義であるとも言え、正に「タイムベース競争力の強化」で他者と差別化することにつながるのである。



さて、本記事のテーマに関連して、この機会に地方在住の診断士受験生にメッセージを送りたい(このブログは南は沖縄県、北は北海道の受験生にも見ていただいている)。

さきほどの「診断士受験生の経営資源における依存関係」をもう一度見ていただきたい。この記事で筆者が提唱した論理に基づけば、地方在住の受験生が最も脅威に感じている「都市部への情報の集中化」は、あなたが思っているほど脅威に感じるべきものではないということがわかる。もちろん筆者も東京在住の人間なので、地方受験生の情報量の少なさとその苦労を真に想像することができる立場にはない。しかし筆者が確信を持って言えるのは、「レバレッジ効果の大きい思考力を鍛錬しながら勉強すれば、都市部との情報量の差など一瞬で凌駕できる」ということである。地方創生がこれほどまでに国家課題となる中、その明確な絵姿が筆者にはいまだ見えていない。これは筆者も含めて、「真のあるべき姿」を誰も描き切れておらず、またそれをリードできる人材がわが国に不足していることに起因していると考えている。地方で育ったあなたがマジコン診断士となって、自身の育った地域を元気にすることを強く志しているのであれば、筆者はそんなあなたを積極的に後押ししたい。わが国を元気にするキーマンは他の誰でもない「あなた」なのである。


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


【マジコン診断士アンケート実施中!(4月2日までの期間限定)】
アンケートにご協力いただける方は以下の画像をクリックしてください(アンケートサイトへ飛びます)。
マジコン診断士アンケート


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR