マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】2次合格を目指す上で最初の最初に知っておくべきこと(重要)

まずは冒頭でお礼を。

お忙しい中、たくさんの読者にアンケートにご回答いただき、本当にありがとうございます。

本ブログの読者の属性が分かり、筆者としても非常に様々な発見がある。
また、全体の3分の1くらいの方がテキストを入力いただいているのだが、この内容を見てビックリ!!


「なるほど。そういう切り口で2次試験を見るという見方もあるなぁ。ちょっと研究してみよう」

「スゴイ核心的な内容に迫るご要望だなぁ~」

「スゴイ洞察的な視点で本ブログを評価してくれるなぁ~」

などなど。


いやいや、あなたたちヤバイって…。


やっぱマジコン診断士を目指して診断士の勉強している人ってスゴイのね。


しかし、振り返ってみるとこれは想定通りと言えば想定通り。筆者は本ブログを立ち上る際にざっとマーケティング戦略を立案したのだが、その時に定めたターゲット層と実はビンゴ。みなさん、本ブログを探し当ててくださって本当にありがとう(感謝感謝)。ぜひこれからも読者でい続けてほしい。あなたたちが診断士に合格し、その後マジコン診断士としてご活躍する姿が筆者は今から楽しみで仕方ないのである。


あ、アンケートの回答がまだのあなた。それほどあなたのお時間は取らないと思うので、今日はぜひご協力いただきたい。

筆者はワントゥーワンマーケティングでこのブログを運営していきたいと思っている。あなたのお困りごと、本ブログへのご要望、感想等をざっくばらんにお答えいただければ、可能な限り応じていくつもりである。
※本記事の最下部にアンケートページがあるので、そちらからご回答いただきたい。


ここで1点だけ。とある方のアンケートのご要望に関してご回答したい。この方は20代の受験生なのだが、以下のコメントを書いてくれた(要旨のみ)。

「試験の情報もよいが、診断士としての能力を高めるためにすべきこと、読むべき書籍の紹介が欲しい。試験合格はもちろんだが、診断士として活動し自己の能力を高めることが元々の目標だから。」


オイオイ、めっちゃ意識タケーなぁ~(汗)


一瞬筆者もたじろいだが、しかし一方でこのような素晴らしい読者が本ブログを愛読していただいているということを、筆者は心の底から誇りに思う。このような読者を裏切ることがあってはならないと、改めて身が引き締まる思いである。


筆者としても、本当はコンサルティング実務のことや実用性の高い書籍の紹介を書いた方がブログ投稿の負担としては断然ラクである(こういう記事なら参考文献やネットも何も見ずに5分~10分程度で記事が書ける)。そういう投稿の頻度をもう少し上げようかと考えたこともあった。

しかし、今のあなたはやはり診断士試験の合格に徹するべきであり、そのための情報発信に集中する方がベターだろうという結論に至った。つまり、敢えて筆者にとっては険しいが今のあなたにとって効果の高い道を選択したということである。
但しその代わり、コンサルティング実務と診断士試験の双方にシナジーのあるスキルに関しては発信することにした。ぜひこのような背景の元に現在のコンテンツとなっている点をご理解いただけると幸いである。

なお、本ブログの読者が診断士試験に合格した後は、あなたがマジなコンサル診断士になるために必要なコンサルティング実務に特化した別ブログを立ち上げることを予定をしている。本アンケートにご要望を書いてくださった読者はもちろん、他の読者もそれまでお待ちいただけると幸いである。それまではもう少し我慢いただきたい。
※筆者は1ヵ月に平均20冊くらいは本を読むので、マジコン診断士になる上で読むべき本はそれなりにご紹介できると思う(本当は今すぐあなたにご紹介したい本がたくさんある)。しかし今のあなたには本を読む時間等ないと思うので、これも上記の別ブログでご紹介することとしたい。




さて本題に入ろう。

今年初めて2次試験に挑む受験生は、

「1次試験は終わったけど、今の時期は一体何をすればよいのか?」

と困っている人も多いと思う。実際筆者もそうであった。

この点に関しては…


ゴメンナサイ。


今日はやめといて、もっとそれ以前に大事なことを書きたい。2次試験合格を目指す上であなたが最初に知っておくべきことである。


それは、

2次試験はそもそも解答非公表な謎に包まれた試験なので、確たるゴールを定めて「〇〇をすれば合格できる」というメソッドを知っている人間は(試験委員を除いて)この世にいない

ということである。


あなたが2次試験を突破する上では、このことは最も本質的なファクトだと筆者は思っている。



つまり、

どれほど人気のある受験校の講師であっても、どれほど優秀な先輩診断士であっても、確たるゴールは見えていないということである。言わずもがな、筆者もである。



こんな状況であると、診断士受験会ではどういうことが起こるか想像に難くないだろう。


「わが校で2次試験を学べば、あなたは2次試験合格に近づくでしょう」

「俺の言う通りやればお前は2次試験に絶対に受かるぞぉ」

「あいつの言っていることは嘘だ。こっちが正しい」


と、まあこんな感じになる。

それはそうだ。確たるゴールを誰も知らない以上、そのプロセスをどのように説明しようが、それを検証する術はない。つまり、みんな好き勝手言いたい放題となる。

正にカオスである。

カオス


それではどうするればよいのか?


「受験校の講師であろうと、先輩診断士であろうと、そして筆者であろうと、他人に依存することをやめる勇気を持つこと」


である。


もちろん、受験校に通って勉強してもよい。先輩診断士の勉強会に参加して勉強してもよい。受験生ブログや本ブログを参考にして勉強してもよい。論点はそこではない。


あなたが2次試験を突破する上で最大のカギは

「誰が何と言おうと、最後は自分自身で決断する勇気を持つこと」

である。


受験校の講師も、先輩診断士も、筆者も、あなたにとっては合格という目標を達成するために利用する単なる外部リソースの1つでしかないということだ。これくらいドライな距離感の方がベターだと筆者は考える。


この一番わかりやすい例が2次試験の過去問の解答例である。

ぜひ一度各受験校の公表している解答例を横並びで見てほしいのだが、各校とも「わが校が最も正しい解答例だ」と言わんばかりに見事に好き勝手書いている。


さあ、ここであなたに問題である。


【問題】
あなたは2次試験の勉強をしています。今日、201〇年度の事例Ⅰの過去問を解きました。せっかく解いたので復習をしようと思います。さて、あなたはどのように自己採点をしますか?

この問題は、これからのあなたの2次試験の運命を決めるほどに重要な問題なので、マジで真剣に考えてほしい。

(シンキングタイム:30秒)


















答えは出ただろうか?

答えは

「集められるだけの解答解説集を集めて相互比較しながら、自身でベストの解答例を自ら作成して、それを元に自己採点すること」

である。


これが、筆者が2次試験を2か月半で突破した独学勉強法の最大のポイントである。

受験生時代の筆者は、特定の受験校が作成した過去問解説集に自身の2次試験の運命を賭ける勇気はなかった。しかしそれでは自己採点ができない。そうであれば、「とにかく集められるだけ過去問解説集を集めて比較し、自分でベストの解答例を作ってしまえばよいではないか」と考えた。


なお、使用した主な書籍は以下である。


※一部在庫切れが廃版かといった理由なのか、価格が高騰しているものがある。ゆえに無意識に購入しないようご注意いただきたい。


上記以外に、受験校の通販で販売しているものも購入した。


今回の記事は以上である。

なお、1点だけあなたに誤解してほしくない、

「他者に依存せずに自分自身で決めること」=「独り善がりになること」ではない

独り善がりに突き進むことは、2次試験の合格からどんどん遠ざかることに直結する。そうならないよう、時には第三者の意見や書籍を参考するようにしてほしい(あなたの問いに対して的確に応じられる講師がいるのであれば、受験校に通学する意味としてこの点が大きいかもしれない)。



今回の記事は以上だが、もちろん今回のブログで筆者が言うことも完全に信じきってはダメである。まずは一回受け止めて、本当にそうかどうかあなた自身で思考して考えた上で、最終的には自分で判断すること。

え?なぜかって?

「誰が何と言おうと、最後は自分自身で決める勇気を持つこと」

が重要だからである。


大変でしょ?(笑)


でもこれが2次試験突破に向けては、遠回りに見える近道だと筆者は思っている。



最後に2次再受験生へ。

多様な受験生がいるので一概には言えないが、今回の記事があなたの最後のピースである可能性はないだろうか?今日はご自身のこれまでの2次の勉強を振り返って、「何かに依存しすぎていなかったか?」「最後は自分自身で決めていたか?」をもう一度じっくり思い返してほしい。もしあなたがそこに何かしらの心当たりがあるのであれば、この記事を読んだ瞬間から大きく前進している可能性がある。

この記事があなたの新しい未来の幕開けになることを願っている。


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



<特別企画:読者アンケート実施中>
本ブログをより一層読者目線なメディアへと発展させるために、ぜひとも多くの読者のご協力をお願いいたします。アンケートにご協力いただける読者は、以下のアンケートサイトをクリックしご回答ください。

【アンケートサイト】
アンケート



【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
最新コメント
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR