マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】読む力を高めるための重要ポイント

2次試験突破に必要な能力の内、今回は「読む力」を高めるポイントについて書こうと思う。


「読む力」と言えば「読解力」、「読解力」と言えば国語、もっと厳密に言えば高校で習う「現代文」を通じて鍛錬することになる能力である。筆者は中学時代は国語は対して勉強せずとも得点が取れていた科目であり、高校入試でも95%以上の得点率で合格した。ところが大学受験の時には、古文は高得点を取れていたのだが、現代文の得点が伸び悩み、全国模試の偏差値は58~61近辺を行ったり来たり。筆者は現代文は所詮日本語なのだから勉強などする必要はないと思い込んでいたのだが、この時に初めて気づいた。

「現代文できちんと得点を取るためには、正しい勉強方法を知り、その上できちんと鍛錬を積んで”読解力”を高める必要があるのだ」

ということに。


筆者はその後、自身で試行錯誤を重ねながらようやくヒントをつかんだ。そのヒントのカギは「論理力」にあった。





「いつやるの?今でしょ?」


この言葉をあなたはTVのCMで見聞きしたことがあるだろう。この言葉で一躍有名になったのは、大学受験予備校である東進ハイスクールの林修先生である。林先生、実は現代文の先生である。この林先生が非常によい言葉を言っている。筆者が大学受験の際に気づいた読解力のヒントは、すべてこの言葉に隠されている。その言葉は次の通りである。

「人間の思考の基盤は、”類比”と”対比”と”因果”によって成り立っている。」


この言葉を見て、あなたがそれを2次試験にどのように活かせばよいかがすぐにわかったということであれば、あなたには読解力の向上は不要であろう。

しかしもしあなたが自信の読解力に自信がなく、上記の言葉を聞いて「え?どういう意味?」と思っているのであれば、少なくともあなたが2次試験を突破する上でのカギの1つは「読解力の向上」にあると思って間違いない。



ここで告知である。

明日、筆者は新たな有料コンテンツをリリースする予定である。その名も

「中小企業診断士2次試験対策【勇者の読解】~基礎力養成編」

である。


以前からも本ブログを通じて発信している通り、診断士受験会において筆者が非常に不可解に感じているのが、「なぜ読解力に関する確たるメソッドを説明した診断士関連の参考書が1冊もないのか?」「なぜ読解力を強化する問題集がないのか?」ということである。

例えば過去問の解説をした書籍や過去問集。解説を読むと、「ここに〇〇と書いているので解答は××である」と書かれているものしか存在しない。こういう解説を読むと、いつも筆者は「受験生が知りたいのは結果ではなく、どうやってそれを受験生自身が本試験で気づけるのかということじゃないのか?」と一人突込みをしている(受験校の講師も参考書の執筆者も試験会場にいないのだから、受験生が自分の力で気づくことができるような説明がなされていなければ、その説明はナンセンスであるということになろう)。誤解を恐れずに言えば、「結果がこうだよ」という解説であれば、別にその解説は指導的立場にある人間がする必要はなく、時間をかければ誰でもできる仕事ということになると筆者は思っている。

筆者は自身の受験指導の経験上、読解力向上がボトルネックになって困っている受験生がかなり多いだろうと推測している。もっと言えば、そもそも読解力の向上が課題であることにすら気づいていない受験生の方が圧倒的に多いと思っている。


明日リリース予定のコンテンツでは、「論理力を駆使した読み方」をご説明し、あなたの読解力の基礎力を高めることを意図して作成している(最中である)。つまり、下図の2次試験突破に必要な能力の桃色線内部分の能力向上をサポートしようというものである。
読解力




明日リリース予定のコンテンツでは、読解力を高める4つのルールをあなたにお伝えしようと考えている。もちろん、そのルールを読んだだけでは「なるほど」と思うだけで、あなたがそれを2次本試験で活用することまで持っていくことは難しいだろう。なので本コンテンツでは、「基本ルールの説明+2次試験の過去問与件文を活用した演習問題(40問以上)」の形式を採用することで、あなたが2次試験で闘える実戦力を高められるように工夫して編集中である。

また、あなたの2次本試験までの少ない日数を勘案して、総演習問題数の80%以上は紙・鉛筆が不要、すなわち1次テキストのように電車移動時等のスキマ時間を活用して学習ができるように編集している。つまり、このコンテンツを通じた学習が、あなたのデスクでの2次試験の勉強時間を減らすことはないということである。

というわけで、読解力にお困りの読者はぜひご期待いただきたい。



…と告知はしてみたものの、まだコンテンツは現時点で未完成。明日予定通りリリースできるよう、筆者は今日最後の編集作業に取り掛かろうと思う。


最後にちょっとしたアンケートを。

先ほど筆者が書いた「受験生が知りたいのは結果ではなく、どうやってそれを受験生自身が本試験で気づけるのかということじゃないのか?」と一人突込みをよくしているという読者は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


マジコン診断士


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
最新コメント
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR