マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】答案作成のステップ総点検 ~答案骨子構築(3)

今回も前回の記事(コチラ)の続編として、答案作成のステップと3つの力の内、「答案骨子構築」にフォーカスして、あなたの答案作成のステップを点検していきたい。
答案骨子構築


今回の例題は、平成26年度事例Ⅰの第4問の設問文である。


第4問
 A 社の主力製品である試験管の良品率は、製造設備を内製化した後、60 %まで改善したが、その後しばらく大幅な改善は見られず横ばいで推移した。ところが近年、良品率が 60 %から 90 %へと大幅に改善している。その要因として、どのようなことが考えられるか。100 字以内で答えよ。




いつも通り設問文を解釈していく。

①題意を定めて、答案の型を決定する
題意は「要因」なので、解答の型は「要因は~である。」となる。

②制約条件を把握する
・題意の「要因」に「その要因」と記載されているので、指示語「その」が指す内容を明らかにすると、直前の「近年、良品率が 60 %から 90 %へと大幅に改善している」を指していることがわかる。「近年、良品率が 60 %から 90 %へと大幅に改善している」要因が題意であることを意識する。

③仮説を立てる
・「A 社の主力製品である試験管の良品率は、製造設備を内製化した後、60 %まで改善したが、その後しばらく大幅な改善は見られず横ばいで推移した。ところが近年、良品率が 60 %から 90 %へと大幅に改善している。」の2文は、接続詞「ところが」で対比的に表現されている。整理すると

【前の文】:「製造設備の内製化で良品率改善→その後良品率は横ばい
              ⇕ (対比)     
【後ろの文】:「近年、良品率が 60 %から 90 %へと大幅に改善


前の文読むと、「製造設備の内製化」で良品率は改善したが、その後は横ばいであることがわかる。一方で後ろの文を読むと、何かしらの要因で良品率が大幅に改善した。つまりここから導出できる仮説は、近年の良品率の大幅な改善は「製造設備の内製化」以外の要因で実現した可能性が高いということである。なぜならば、「製造設備の内製化」で良品率が大幅に改善したのであれば、わざわざ設問として設定する意味がないからである。
→「近年」という時制に着目する。なぜならば、「近年」に良品率の大幅な改善につながる「なにか」があり、それが与件文に書かれているはずだからである(仮説)。



以上を踏まえた上で、本設問に該当しそうな段落を探しに行くと、⑨段落の与件文が該当することが分かる(ここもいつも通り、リンクワード”良品率”に基づき与件文を探しに行くことになる)。

⑨段落(抜粋)
…売上は少しずつ伸張したが、良品率が低く利益増にはなかなか結びつかなかった。試験管市場の成長を確信していた A 社社長は、そうした事態を打破するために製造設備の内製化を決意し、段階的に製造設備の改良・開発に取り組み始めた。着手から 5年以上の年月がかかったものの製造設備の内製化を進めたことによって、製造プロセスの自動化を実現するなど量産体制を完成させた結果、良品率は 60 %程度まで改善した。その後、理化学分析用試験管の品質も向上し、よりコンパクトになったにもかかわらず、良品率 60 %前後を維持してきた。ここ数年、さらに高精度の分析が可能な製品へと進化を遂げたこともあって高い製造技術が求められるようになっているが、良品率は90 %を超えるまでに向上している。

青文字部分は設問文とほぼ同様の内容が書かれている。本設問の題意は「近年、良品率が 60 %から 90 %へと大幅に改善している」要因なので、その内容に該当する部分(下線部)を探してみる。

まず設問文に書かれていない情報として、「ここ数年、さらに高精度の分析が可能な製品へと進化を遂げたこともあって高い製造技術が求められるようになっているが、…」と書かれているが、この文は設問を解く上での要素にはなり得ないと判断できる。なせならば、(逆接の接続詞「が」で書かれている点を読み解けばわかることだが)「高い製造技術が求められるようになっている」ことは、良品率の改善する上ではむしろ逆風であるからである。逆風の内容が良品率大幅改善の要因になり得るはずがない。この時点で、根拠はここにはないと判断できる。
※筆者の読解用有料コンテンツ(コチラ)を購入された方は、上記読み方ができていたか再度確認してほしい。もしできていたならば、あなたの読解力は確実に実戦レベルに近づいていると言えるだろう。



さあ、与件文の該当箇所を見に行ったものの、残念ながら根拠となりそうな要素は見当たらない。どうしたものか?

本設問を解く上では、ここからが勝負である。この時点で迷子になって時間を浪費していてはもったいない。すぐに与件文の他の段落にあなたは目を飛ばさねばならない。


先ほど設問文の解釈で、以下の仮説を立てた。

「近年」という時制に着目し、近年になにがあったかかが与件文に書かれているはずである(仮説)。


これであなたが次にとるべきアクションは明確になった。「近年」というリンクワードに基づいて、与件文に目を飛ばす「与件文のサーフィン」を実行へ移すのである。

続きは次回で。


「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



マジコン診断士


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
最新コメント
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR