マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】マジコンの事例Ⅲ講評(3)

前回の記事(コチラ)に続いて、今回も平成29年度の事例Ⅲの講評をしていきたいと思う。

今回もまずは前提条件の確認から入る。


【前提条件】

受験生のリアルを筆者自身が体感するために、敢えて設問解釈、与件文読解、ざっくり骨子作成までを筆者自身が制限時間40分間で行ったものをベースにお伝えしていく。なので、精度はあくまで上記制限時間の範囲で筆者が認識した水準のものであり、現時点では誤りを含んでいる可能性があるという点は前提としてご認識いただきたい。
※ガチ解答例は後日時間無制限で作成するつもりなので、後になって筆者の解釈は変わる可能性がある点はご容赦いただきたい。


今回は事例Ⅲの第3問である。
※ここからはいつも通りの作業を設問別に進めていく。


【第3問】

①題意を定めて答案の型を決定する
題意は「(ホームページの)活用方法」と「(社内)対応策」なので、答案の型は「活用方法は~である。対応策は…である。」となる。


②制約条件を把握する
・「展示会での成功を参考に、…」
→展示会での成功を踏まえる必要がある。
・ホームページ活用の目的は「潜在顧客を獲得すること」、社内対応策の目的は「潜在顧客を受注に結び付けること」である点を意識し、双方を分けて検討する必要がある。


③仮説を立てる
・「展示会での成功を参考に、…」から、与件文に書かれている展示会の記述では、営業活動における「潜在顧客の獲得フェーズ」と「潜在顧客を受注に結び付けるフェーズ」の2つが記載されている可能性が高いので、その点を意識して与件文を読むようにする。


④答案の方向性
活用方法:
(1)CNC木工加工機の実演動画を載せ、複雑な形状加工を容易に行える点を訴求
(2)FAQを設置し、顧客の不安・疑問解消
(3)問い合わせページを設け、潜在顧客獲得へつなげる
社内対応策:
(1)問い合わせ顧客に対して迅速に対応するための手順や営業体制の整備
(2)サンプル品加工の依頼受付や工程見学を兼ねた実演会受付を通じ、加工精度や操作性、メンテナンスの容易性の説明実施
→潜在顧客を受注に結び付ける


⑤根拠
⑫段落、⑬段落


<所感>
活用方法に関しては、自分でもそこそこ自信がある。一方で社内体制に関しては(1)はともかく、(2)は自己の知識や経験を踏まえた話なので、それを入れ込んでしまった点で若干アイデア答案か?尤も、論点はCNC木工加工機の加工精度、操作性、メンテナンスの容易性をどう潜在顧客に評価してもらうかが論点なので、その手段はどのようなものでも、採点官から見て納得感があれば一定の得点が入るのではないかという希望的観測に基づいている。その希望的観測が正しければ、本年度の事例Ⅲの中で言えば、一番解答しやすい設問なのかもしれない。


次回に続く


「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



マジコン診断士


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
最新コメント
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR