マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【2次試験】マジコンの事例Ⅳ講評(前編)

今回は平成29年度2次試験の事例Ⅳの講評をしていきたいと思う。

今回もまずは前提条件の確認から入る。

【前提条件】

受験生のリアルを筆者自身が体感するために、筆者自身が制限時間80分間で解答したものをベースにお伝えしていく。なので、精度はあくまで上記制限時間の範囲で筆者が認識した水準のものであり、現時点では誤りを含んでいる可能性があるという点は前提としてご認識いただきたい。
※ガチ解答例は後日時間無制限で作成するつもりなので、後になって筆者の解釈は変わる可能性がある点はご容赦いただきたい。


なお、既に受験校より解答例が公表されているはずなので、ここで敢えて筆者が80分で解いた計算結果を示すことはナンセンスだろう。なので、本記事では、各設問を解いた際の筆者の感触や記述問題に関して筆者が考えた答案の方向性を中心に書いていく。


【全体講評】

1.難易度(昨年度)
昨年度比で言えば難化


2.特徴
①出題形式に大きな変化はない。
②まさかの連結財務諸表が登場。アカウンティング分野の出題比率が高まった。
③80分で精度の高い答案を作成するのは相当厳しい。無論、筆者も同じ状況である。特に読者のみなさんは3つの事例を解き終わった後にこの難易度の高い事例Ⅳに挑んだわけであり、そのハンディを考えると筆者以上に条件は厳しかったことだろう。恐らく、多くの受験生が試験中に何度も心が折れそうになったはずである。


3.解答戦略と設問別の所感・答案の方向性

①問題用紙を開いた後の解答戦略

第1問は毎年度恒例の経営分析なのでいつも通り最初に解く方針とする。第2問は予想P/L作成の問題であり、比較的難易度が高くないと予想されるので、これも早めに解く方針とする。第3問はざっと見で取替投資の問題であることがわかり、相当苦戦することが予想されたため最後に解く方針に。第4問を見ると、あまり計算が絡まない知識系の問題に見えたので、これは早めに片づける方針に。
以上から、第1問→第4問→第2問→第3問の順で解くことに決定。


②設問別の所感・答案の方向性 ※筆者の解答順序ではなく、大問の順序で書いていく。

【第1問】
(設問1)
・事例Ⅳでは珍しく、与件文に「現状におけるD社の課題をあげると、…」とストレートに書かれている。この点を踏まえると、適正料金の設定やコスト削減の話が出てくる。ここを押さえた上で経営指標を計算すれば、課題の1つ目は「売上高総利益率」に落ち着きそう(収益性)。
・B/Sをパッと眺めただけで、D社は総資本に占める自己資本の割合が少ない(負債の割合が大きい)ことがわかる。これを踏まえて計算すると、課題2つ目は自己資本比率でよいと考えられる(安全性)。なお、それを裏返した負債比率でもよいだろう。筆者は受験生時代からこの辺にはあまりこだわらない主義なので、「自己資本比率なのか負債比率なのかハッキリしてほしい」と考える読者は、受験校の先生や過去問の解説集を参考にご確認いただきたい。
※ここでちょっと気になったのが、D社の財務諸表が連結ベースで作成されている点である。D社のB/Sを見ていただくと、非支配株主持分が含まれていることがわかる。この非支配株主持分はD社の持分ではないので、それを含めて計算してよいものか筆者も迷った。しかし、正直筆者はそれを判断するための知識を持ち合わせていなかったので、とりあえず非支配株主持分を含めたまま自己資本比率を計算した。現時点で、筆者はまだ受験校の解答例を見ていないのでどちらが正解かはわからない。しかし、この事例Ⅳの難易度を勘案すると、非支配株主持分含めて計算したか否かは合否に影響を与えるものではない、つまり「どっちでも正解となるのではないか?」と筆者は予想している。
・最後の優れている指標(恐らく効率性指標)に関しては、与件文にその根拠となる記述がなく悩ましい。結局、同業他社との指標値の差が大きい棚卸資産回転率を選択した。

近年の経営分析の出題を見ればわかるが、完全正解はかなり困難である。①論点と近しい指標を選択している、②計算結果を間違っていないの2つが満たされていれば、今年の難易度を踏まえると、試験委員の模範解答とビンゴ出なくてもそれなりの得点が入っていると期待してよいと思う(あくまで筆者の推測なのだが…)。

(設問2)
設問2は上記の分析を踏まえて答案を展開する。但し、解答字数が40字と非常に少なくあまり多くのことは書けないので、極力本質的な内容に絞って書くことになるだろう。


【第2問】
(設問1)
与件文の<予測資料>に書かれている内容を丁寧に読み取って計算すればそれほど難しい問題ではない。ここは確実に当てたいところ。

(設問2)
与件文④段落に「来年度上半期には…試運転が終了し、下半期において商業運転を開始…」と書かれているので、それを確認した上で設問の表の試運転および商業運転の年間変動費を見ると、この表の解釈に迷う。要は、この試運転費用、商業運転費用が年間分を表しているのか半期分を表しているのかが設問で与えられている表からは判別しにくいのである。なお、筆者はこの年間変動費はそれぞれ半期分を表していると解釈して計算した。なぜならば、年間固定費が試運転・商業運転に跨って記載されており、年間変動費がそれと対応して記載されているからである。
しかし、ハッキリ言ってこの表はとても分かりにくいし、受験生の解釈が分かれてしまっても仕方がない。ストレートに言えば、出題の仕方があまりにも酷い。本事例Ⅳの難易度を勘案すると、この問題はどちらの方法で計算しても正解とするような措置を講じることになるのではないかと予想している。その措置が講じられることが前提となれば、ここも確実に当てたいところ。

(設問3)
損益分岐点分析の問題なので簡単かと思っていざ取り組んでみると、思いのほか苦戦。途中で設問2の条件(商業運転の年間変動費210百万円÷売電量12百万kWh)で変動費単価が出せることに気づき、その後は何とかクリア。やはり筆者の計算感覚は現役受験生時代よりだいぶ落ちている…。本設問では想定していた以上に時間を浪費した。緊張感&疲労度MAXの本試験においては、いくら事例Ⅳが得意であったとしても、一定割合の受験生がこの問題は外したのではないか?と推測している。


後編に続く



「本記事が参考になった」という方「次回の記事に期待している」という方は、お手数だが以下をポチっとお願いしたい。
         ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村



マジコン診断士


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
最新コメント
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR