マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【企業経営理論】経営戦略レベルを理解しよう

本記事では「経営戦略レベル」に関する説明を通じ、あなたの1次知識固めのサポートをしたい。

経営戦略は下図の通り、全社的な視点の「企業戦略(全社戦略)」、個別事業の視点の「事業戦略」、機能別の視点の「機能戦略」という3つの戦略レベルで策定されるのが一般的である。
経営戦略レベル


戦略は、上位から下位へ順を追って明確化する必要がある。つまり、下位レイヤーの戦略は、上位レイヤーの戦略に依存するものであり、上位レイヤーと下位レイヤーは相互に整合性が確保されていなければならない。


以下、個別のレイヤーごとに簡単に説明する。テキストのおさらいとして気楽に読んでみて欲しい。


①企業戦略(全社戦略)
文字通り全社的な戦略であり、あらゆる戦略の上位に位置するものである。「事業の領域」と「事業の組み合わせ」と「事業間の資源展開」に関する戦略と考えておけばよい。
ここで言う事業の領域は「どの事業領域で戦うのか?」に対するAnswer、事業の組み合わせは「事業ポートフォリオをどのように組むのか?」に対するAnswer、事業間の資源展開は「経営資源をどのように各事業に配分するのか?」に対するAnswerとなる。


②事業戦略
文字通り戦略事業単位(SBU)ごとの戦略である。事業戦略が求められた歴史的背景には、企業の事業多角化や事業部制の進展がある。要は事業の多角化に伴って全社戦略視点での事業の選択と集中とともに、各SBUごとの戦略も同様に重要になったということである。当然のことながら、上位戦略である企業戦略(全社戦略)と整合性がとれたものでなければならない
なお、単一事業の企業の場合は全社戦略=事業戦略となる。2次試験の事例企業においては、近年こそ複数事業構成の事例企業が散見されるようになった(特に事例Ⅰ)が、やはり中小企業ということもあって単一事業の事例企業も多い。そのような企業では、全社戦略=事業戦略となることを強く認識しておきたい。


③機能戦略
文字通り機能単位の戦略である。事業戦略を遂行するために、単位を機能レベルまでブレークダウンした戦略である。ここでいう機能は、マーケティング、購買、生産、人事といった企業の機能を指す。当然のことながら、上位戦略である事業戦略と整合性がとれたものでなければならない。また、事業単位で機能間の整合性がとれたものでなければならない。そうでなければ、バリューチェーンのスムーズな運営ができないからである。


ここまでが1次試験レベルの基礎知識である。
次回は本記事の知識を2次試験にどう活かしていくかについて、2次試験の設問を使って検討していくことにしよう。


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR