マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【企業経営理論】PPMを理解しよう

本記事では「PPM(Product Portfolio Management)」に関する説明を通じ、あなたの1次知識固めのサポートをしたい。

PPM(Product Portfolio Management)とは、各SBU(戦略事業単位)に対する経営資源の最適配分(優先順位)を決定する際に利用するフレームワークである。1970年代にBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)が提唱した手法である。

PPM(Product Portfolio Management)

市場成長率、相対的市場占有率それぞれの高低により4象限に分類し、その4象限に対してSBUをプロットして分析する。

4象限のポイントは、以下の通りである。

●問題児(Question Mark)
・市場成長率:高  相対的市場占有率:低
・資金流入:少 資金流出:多
・製品ライフサイクル: 導入期~成長期初期
・動き:相対的市場占有率を高めれば「花形」へ、相対的市場占有率が低いまま成長率が鈍化すると「負け犬」へ

●花形(Star)
・市場j成長率:高  相対的市場占有率:高
・資金流入:多 資金流出:多
・製品ライフサイクル: 成長期中期~後期
・動き:相対的市場占有率を維持できれば「金のなる木」へ、相対的市場占有率が低下すると「負け犬」へ

●金のなる木(Cash cow)
・市場成長率:低  相対的市場占有率:高
・資金流入:多 資金流出:少
・製品ライフサイクル: 成熟期
・その他:キャッシュフローの源泉→花形、問題児へ投資

●負け犬(Dog)
・市場成長率:低  相対的市場占有率:低
・資金流入:少 資金流出:少
・製品ライフサイクル: 衰退期
・その他:原則的には、撤退により経営資源を「問題児」「花形」へ配分すべし


以上のような知識レベルを押さえておけば、1次試験対策としては概ね問題ないであろう。

試験対策上のポイントを言えば、
・縦軸(市場成長率)と横軸(相対的市場占有率)の意味をきちんと理解しておく
 ※例えば正確には「市場成長率」なのに、「自社事業の成長率」等とすり替えて正誤判定させたりする
・4象限の位置とワードを正確に記憶しておく
・4象限に対して、上記で整理したポイントをきちんと理解・記憶しておく

といったところであろうか。


そこに経験曲線効果との関係性やPPMの問題点(事業間シナジーを考慮できない、財務資源観点へ偏っている等)を合わせて押さえておけば問題ないだろう。

比較的出題頻度が高い単元なので、ここは確実に得点したいところである。


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
最新コメント
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR