マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

コントロール可能なものとコントロール不可能なもの

コンサルタントには、「ごちゃごちゃしていることを整理した上で問題を見つけ、課題の設定とその解決の方法を提示するスキル」が求められる。
※「問題」と「課題」の違いがわからない読者はコチラ
※「課題解決の手順」がわからない読者はコチラ


その際、コンサルタントが絶対に避けることのできない作業がある。それは

「物事を分ける」

ということである。



さて、あなたが何か大きな目標を達成しようとするとき、気を付けなければいけないことがある。

それは、

「コントロール可能なものとコントロール不可能なものとを分けること」

である。


なぜ、コントロール可能なものとコントロール不可能なものとを分ける必要があるのだろうか?その答えは簡単である。

あなたが自分の努力で影響を与えることができるのは、コントロール可能なものに限られるからである。逆に言えば、あなたが何時間費やそうとも、どれだけ頑張ろうとも、どれだけ努力しようとも、あなたはコントロール不可能なものに影響を与えることはできない。つまり「やるだけムダ」である以上、コントロール不可能なものを動かそうとすることは、コンサルタントとしては最も採用してはいけない「非合理的な問題解決の手段」なのである。


経営コンサルタントとして知っておくべき、コントロールできないものの代表例は、SWOT分析で登場する「外部環境」である。

外部環境である「機会(Opportunity)」と「脅威(Threat)」は、基本的には企業から影響を与えることはできないものである。そのため、企業が意思決定を行う上では、外部環境をコントロールする対象として捉えるのではなく、企業がそれに合わせて変化していくべき所与の条件として捉える必要がある。つまり、外部環境は「対処はできるが制御はできない」性質のものであるということである(稀に外部環境を直接コントロールするかのように解釈できる2次試験の答案を見ることがあるが、通常このような答案に点数は入らない)。逆に、内部環境である「強み(Strength)」と「弱み(Weakness)」は、企業が直接働きかけることでコントロール可能な要素として捉える。つまり経営コンサルタントが行うSWOT分析とは、「企業がコントロール不可能な外部環境へ適応するために、コントロール可能な内部環境を有効に活用していくための”経営戦略”を策定する」ことを目的とした分析と言い換えられるだろう。


あなたは「中小企業診断士試験合格」という大きな目標を達成するために、日々限られた時間を捻出して勉強をしている。その勉強の過程で、何か問題や障害が発生したり悩んだりしている時、あなたは果たして合理的な手段で対応しているだろうか?

この質問をしている筆者の意図は、あなたが「コントロール可能なものとコントロール不可能なものとを分ける」ことをした上で、コントロール可能なものに集中して対応することができているだろうか?ということの再確認である。もしあなたがコントロール不可能なものに集中しているのだとしたら、その行為は目標達成に何ら寄与しない。つまり「やるだけムダ」なので、今すぐにでもやめるべきである。


「コントロール可能なものはとことん細部までコントロールして、コントロール不可能なものはコントロールできないこと自体を楽しむ」


上記は私はコンサルティングする過程で、経営層や中間管理層に対してよく投げかける言葉である。あなたが診断士試験に合格する上でも極めて重要な内容であると筆者は考える。


なお読者の誤解を招かないように予め言っておく。
よく診断士試験にストレートで合格する人間は「地頭がそもそも違うのだ」などと言われる。もしこのような話を耳にしたあなたが、「私は地頭がよくないから診断士試験にストレート合格するのはムリ」と思った正にその瞬間に、あなたがストレート合格する可能性は限りなく0に近くなる。

ここで筆者の見解をハッキリ申し上げておこう。

巷で言われている「地頭」とよばれる曖昧な能力について、筆者はコントロール不可能なものとは捉えていない。つまりそれは、「後天的に身につけられるコントロール可能な能力である」ということを意味する。この「地頭」と呼ばれる曖昧な能力は、本質的なコンサルティング知識を身につけながら診断士試験の勉強に取り組むことで、必ず誰でも身につけられるものであるということが筆者の立場である。もちろんそれが身につくまでの時間に個人差があることまでは否定しない。しかしこの能力は、正しい方法で人並み以上に努力を重ねることで、誰でも身につけることができるものである。本ブログのようなマニアックな情報源にたどり着き、それを継続して読んでいる読者が狙いとするのは、正にこの曖昧な能力を身につけることだと筆者は考えている。もしあなたにこの能力を身につけたいという強い意志があるのであれば、筆者は全力でサポートしたい。本ブログは内容的にも精神的にもタフなものだとは思うが、継続してこのブログにお付き合いいただければ、きっとあなたに何かしらの変化をもたらすことだろう。マジコン診断士を目指す上で、今のあなたにとって最も大切なことは、このブログを読んでそれを実践し続ける「継続性」である。


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。
        ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
 ●Twitter
 ●執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
最新コメント
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR