マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【企業経営理論】環境分析のフレームワークの理解度確認模擬問題

企業が戦略を立案する上で、環境分析は必須の要素である。本記事では、その環境分析に関してあなたがどれほど理解しているかを確認してみようと思う。

それではさっそく、以下の問題を解いてみてほしい。
※本ブログの下部に解答があるので、きちんと解いてからご確認頂きたい。
※診断士試験を目指すあなたには、正直言って瞬殺してほしいレベルの問題である。


環境分析問題
















そろそろ解けただろうか?

解答は「イ」である。

この問題は難易度は高くないものの、筆者は良問だと思っている(なお、この問題は最新のITストラテジストの過去問からの出題である)。

診断士試験において、環境分析に関するフレームワークは数多く出てくるが、それらをどのように使い分けするべきかをしっかりと理解して使用している診断士は意外と少ないのではないかと推測している。その「基礎中の基礎」を確かめることができるという意味では、本問題は良問だと思うのである。


本問題の題意は図のcに入るものを答えよということである。
解答の選択肢を先に見ると、環境分析のフレームワークが羅列されていることが確認できるので、図のcに該当するフレームワークは何かを問うている問題であることがわかる。

ここで図に戻ると、aとbは外部環境分析側、dは内部環境分析側、cは外部環境分析・内部環境分析双方を跨る位置にプロットされている。ということは、題意であるcは「外部環境分析・内部環境分析の両方を含むフレームワークである」という条件を満たす必要があるということである。


これで題意が明確になった。この時点で企業経営理論を目指しているあなたであれば、各選択肢を外部環境分析、内部環境分析とささっと色分けできなければならない。解答の選択肢を色分けすると、以下の通りとなる。

ア.PEST分析(外部環境分析)
イ.SWOT分析(外部環境分析&内部環境分析)
ウ.バリューチェーン分析(内部環境分析)
エ.ファイブフォース分析(外部環境分析)


この時点で解答は「イ」とわかる。



ここまでは序の口である。
さて、ここで筆者からもう1問追加で出題。

図のa、b、dに、あなたは選択肢のいずれを当てはめるか?図のa、b、dに対する選択肢の入れ方に思想を持って取り組める読者は、環境分析をよく理解していると筆者は判断する。


この解答は次回以降の記事で。


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR