マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次知識の2次応用】環境分析のフレームワークの活用法(前編)

以前の記事(1つ目はコチラ、2つ目はコチラ)では、企業経営理論の「環境分析のフレームワーク」に関して触れた。今回の記事では、この環境分析のフレームワークを2次試験でどのように活用すべきかに関して書こうと思う。


2次試験の出題例を見ると、内部環境分析は事例Ⅲでストレートに問われることが多い。例えば、以下のような出題である。

・当初立ち上げた一般印刷事業などの事業展開によって A 社は成長を遂げることができた。その要因として、どのようなことが考えられるか。100 字以内で述べよ。(平成28年度事例Ⅰ)
※間接的ではあるが「強み」を検討する必要がある

・カット野菜業界における C 社の(a)強みと(b)弱みを、それぞれ40 字以内で述べよ。(平成28年度事例Ⅲ)

・C 社が自動車部品分野に参入する場合、強みとなる点を2つあげ、それぞれ40字以内で述べよ。(平成27年度事例Ⅲ)

・C 社の創業からの事業変遷を理解した上で、精密小型部品加工業界における C 社の強み弱みを 60 字以内で述べよ。(平成26年度事例Ⅲ)

・副社長着任以前の B 社は売上の拡大は見込めないまでも、小規模企業でありながら存続することができた。その理由を 80 字以内で述べよ。(平成25年度事例Ⅱ)
※間接的ではあるが「強み」を検討する必要がある

・C 社が首都圏市場への参入で活用すべき競争優位性は何か、60 字以内で述べよ。(平成25年度事例Ⅲ)
※競争優位性≒強み



一方、外部環境分析に関しては、過去の出題を見ると比較的事例Ⅰでストレートに問われることが多い。外部環境分析について過去5年の過去問を見てみると、以下のような出題があった。

・ ゲートボールやグラウンドゴルフなど、A 社を支えてきたスポーツ用品事業の市場には、どのような特性があると考えられるか。100 字以内で述べよ。(平成27年度事例Ⅰ)

・A 社は、小規模ながら大学や企業の研究機関と共同開発した独創的な技術を武器に事業を展開しようとする研究開発型中小企業である。わが国でも、近年、そうしたタイプの企業が増えつつあるが、その背景には、どのような経営環境の変化があると考えられるか。120 字以内で答えよ。(平成26年度事例Ⅰ)

・A 社のような中小企業が近年、海外での事業活動に積極的に取り組むようになっている。A 社のような企業の場合、どのような外部環境の変化が海外進出を促して いると考えられるか。 その要因を2つあげ、それぞれ40 字以内で簡潔に述べよ。 (平成24年度事例Ⅰ)




昨年度(平成28年度)の試験では外部環境分析をストレートに問う出題はなかったため、今年度はまた出題される可能性もあるかもしれない。



さて、外部環境分析・内部環境分析問題に関して、実は共通する重要なポイントがある。それは、

「いずれも”分析する問題”である」

ということである。

分析





さて、ここで問題である。あなたは「分析」というワードの意味をどのように理解しているだろうか?これは非常に重要な問いなので、少し考えてみてほしい。
(シンキングタイム:30秒)








考えついただろうか?


ちなみに筆者は、「分析」の意味を後輩コンサルに対して教えるときは

「物事を分けて比較すること」

であると伝えている。



そもそもなぜ分析が必要なのかというと、その目的は「漠とした全体からいくつかの要素を分けることで、新しい事実を発見すること」にある。その意味で言えば、分析のためには、

①漠とした全体からいくつかの要素に分ける
②要素を比較する

の2ステップが必ず必要になる。ゆえに、分析とは「物事を分けて比較すること」となるのである。


今回の記事はここまでにしておこう。
本記事は、「【1次知識の2次応用】環境分析のフレームワークの活用法(後編)」に続く。


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR