マジなコンサルタントによる中小企業診断士試験対策ブログ

【このブログの説明】
このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。 読者が真の経営コンサルタントとして活躍できるような一石を世に投じられること、これを私の日々の目標とし、筆者自身もこのブログとともに成長していきたい。

【1次試験】勝者の哲学 ~事前準備と本番対応(その3)

前回の記事(コチラ)では、決戦(TAC1次模試)に向けて、実際にあなたが遭遇するであろうシチュエーションを一緒に想定してみた。今回はそのシミュレーションを元に、実際にどのようにそれを活用していくかを書いていきたい。


さて、先日あなた自身もシミュレーション(イメージトレーニング)を実施したと思う。その際に、様々なリスクが想定されたことだろうと思う。それでは、実際にそのシミュレーションをどのように活用すればよいだろうか?


それはズバリ、「リスト化」である。


まずはシミュレーションの過程で導出されたリスクをリストアップしてみる。その上で、以下のような表を作成してみるのである。
リスト化


ポイントは、各リスクに対して「予防措置」と「危機発生時の対応策」を事前に立案しておくことである。


予防措置は、リスクが発生しないように前もって講じておく対策のことである。つまり、懸念されるリスクが発生しないよう、事前に準備をし、リスク発生そのものを抑制しようとする試みである。

一方で、どれだけ予防措置を講じたとしても、現実にはリスクが顕在化してしまう場合も多い。そのような場合に備え、危機が実際に発生した場合の対応策も事前に立案しておくべきである。人間は想定外のことに想定するとパニックを起こす生物である。しかし不思議なもので、想定外の事が発生した場合の対策を事前に定めておくと、不思議とすぐに冷静さを取り戻す生物である。そのような生物学的な特性を踏まえ、危機発生時のアクションを事前に定めておくことで、高い緊張感の中でも冷静に物事に対処することができるよう準備をしておくのである。

なお、予防措置・危機発生時の対応のいずれも、複数事項リストアップしておくことをオススメする。様々なことが起こり得る本番において、一つの措置・対応策で処理できるということは非常に稀であると考えるべきであろう。


あなたが決戦の日の当日に実力を出し切ることができるよう、筆者なりに最大限のヒントを出したつもりである。ぜひお試しいただきたい。



決戦(TAC1次模試)の日まで

あと2日

すでに闘いは始まっている


マジコン診断士


【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】
本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もしあなたが今日の内容に少しでもご共感をいただけたのであれば、ぜひとも”ポチ(投票)”をお願いしたい。なぜならば、あなたの”ポチ(投票)”が筆者のモチベーションと発信する情報の品質を高め、あなたが享受できるメリットを一層高めるからである。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

【マジなコンサルタントの中小企業診断士情報】
Twitter
執筆(note)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マジなコンサル診断士

Author:マジなコンサル診断士
現役コンサルタント。中小企業診断士試験独学ストレート1発合格。モットーは卓越した本質的スキル・知恵に基づく”マジなコンサル診断士”であり続けること。
■Twitter→コチラ
■執筆(note)→コチラ

本ブログの意義
本ブログの意義
本ブログのターゲットとなる読者層
ターゲット
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ村ランキング
最新コメント
リンク
ブログランキング(今何位?)
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
検索フォーム
マジなコンサル診断士のTwitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR